新築一戸建てを建てるにあたって|バリアフリー化を実現

家づくりのスケジュール

工事中は現場でチェック

おもちゃの家

狛江の新築一戸建ての家づくりは、ハウスメーカーを決めたり、プランの参考にするための情報収集からスタートします。身近な情報源といえば住宅情報誌です。気になる家を見つけたら、遠慮しないで資料請求してみましょう。また、ハウスメーカーや住宅情報誌、住宅関連団体などが、ビジュアル豊かな情報誌を発信しているインターネット上のバーチャル展示場もおすすめです。狛江で新築一戸建ての建築を決めたら、絶対必要なのが住宅展示場の訪問です。実際の狛江の暮らしを想定しながら、展示場内を動いてみましょう。新築一戸建ての工事請負契約までは、家族皆の要望や考えをまとめ、施工会社を決める段階です。見積書は複数の業者に依頼して比較するとよいでしょう。これを相見積もりと呼びますが、業者には相見積もりであることを伝えた上で、予算やプラン面の要望を詳しく話し、見積書を作ってもらいます。請負契約後は、いわば実務面に気配りする日々になります。標準的な工期は、最短のプレハブ工法で40日前後、木造軸組工法では、約3カ月から6カ月といったところです。工事中は、狛江の現場へ出向き、設計や見積りの通りに工事が行われているかをチェックすることが大切です。特に、基礎工事や壁内部など、新築一戸建て完成後は見えなくなる部分をしっかりと見て確認しておきましょう。また、一番避けたいのがお金のトラブルです。ローンの手続きや中間金の支払い時期などもきちんと整理しておきましょう。

一戸建て購入時の流れ

家

狛江は多摩地域の東にあり世田谷や調布、神奈川県の川崎市と隣接している都市です。隣接している地域が住宅地ということもあり狛江でも住宅開発が進められています。狛江市内には私鉄や路線バスも運行しており通勤や通学に便利な立地となっています。狛江で新築一戸建てを購入する場合、建売や分譲の新築一戸建て又は建築条件付きの土地が考えられます。建売や分譲の新築一戸建ては、土地と建物を同時に購入するので手続きが少なく済みます。また、土地と建物を合わせた価格で販売されており初めて家を購入する方にも分かりやすくなっています。狛江で新築一戸建てを探す時は不動産会社や建築会社から情報収集をして、気になる物件があったら問い合わせをします。物件の外観や室内、周辺環境などを確認して気に入った場合は売主に購入申し込みをします。購入申し込みには2〜10万円ほどの申し込み金が必要な物件があります。購入申し込み金は、頭金や手付金とは異なりますので売り主に確認しておきましょう。購入申し込みの7〜10日後に宅地建物取引士から重要事項説明を受けます。後に重要事項説明書が渡されますから保管しておきます。その後は売主と売買契約を結び頭金又は手付金を支払います。引き渡し前にもう1度建物の内覧を行い外観や室内、設備などのチェックを行います。異常がなければ建物の残金や諸費用を支払って引き渡しとなります。金融機関への住宅ローン申し込みは売主に購入申し込みした時点で行うようにしましょう。

注目される数々のメリット

家

住居には様々なタイプがありますが、中でも小岩で注目されているのが一戸建てです。一戸建てには、このタイプの住居にしかない多くのメリットがあります。まずは、修繕積立金や管理費などがかからないことです。これらは、集合住宅を購入する際にかかってくるものですが、一戸建ては建物が丸ごと自分の所有となりますので、こうした経費が不要になります。住み続けていくうえでの金銭的負担として決して軽くないものですので、この点は家計の面から非常に助かるでしょう。また、資産価値の点から考えても一戸建ては有利です。建物は築年数が経過するにつれてその価値が減少していきますが、土地自体は劣化せず、資産価値の変動は比較的少ないです。そのため、月日がたっても、全体としての資産価値は一定程度は残ることがメリットと言えるでしょう。これは将来、売却や賃貸を考えている場合は特に魅力的な点です。そして、住居の増改築が自由であることも、小岩での人気を支えています。小岩ではライフスタイルやライフステージの変化により、リフォームをしてより住みやすい家にする人が増えています。自由に手が加えられる一戸建てならば、こうしたニーズにもこたえられ、快適に長く暮らしていくことが可能です。将来の子供の成長を考えなければならない小岩の子育て世帯、老後の生活を設計するにあたり、バリアフリーが気になる中高年世帯などにとって、一戸建ては大きな選択肢となっているのです。