新築一戸建てを建てるにあたって|バリアフリー化を実現

敷地を有効に使う

建てやすくなった3階建て

一軒家

狛江の住宅メーカーでは、3階建て新築一戸建ての商品プランを充実させています。
都市部など住宅密集地の限られた敷地を有効に使えるのが3階建ての特長であり魅力でもあります。
かつては割高だった建築コストも、2階建てとそれほど違わない坪単価で建てられるようになっています。
上下階の移動もホームエレベーターを標準装備するなどして、たいへん便利になっています。
特に狛江では、都市型新築一戸建て住宅というコンセプトの商品プランの主力がもはや3階建てで、4階建てプランも登場し、多層化に拍車がかかっています。
以前は狛江でも、法規制の点、中でも防火上の制限があり、建てられる工法が限られていたため、3階建て新築一戸建ては一般的ではありませんでした。
日本の防火基準は、江戸の大火の教訓もあり、類焼を防ぐことを主眼としています。
そこで、建物が密集している場所では、都市計画で防火地域、準防火地域を指定し、建物の構造が制限されました。
防火地域では、鉄筋コンクリート造などの耐火建物しか建てられません。
木造新築一戸建ては、準防火地域なら建てられますが、従来階数は2階までと制限されていました。
しかし、建築技術の進歩もあって建築基準法が改正され、準防火地域では、外壁を防火構造にするなどの一定の基準を満たすことで、木造や軽量鉄骨造の3階建ても、建築が可能になりました。
このため狛江の住宅メーカーでは、3階建ての商品化がしやすくなっているのです。

予算オーバーに注意

おもちゃの家

狛江の新築一戸建ての相場を知りたいなら、インターネットが役に立ちます。
インターネット上には全国各エリアの最新の相場が掲載してあるので、狛江に新築一戸建てを建てる時の参考になります。
狛江の細かなエリアの相場を知りたいなら、不動産会社に相談しましょう。
狛江に精通した不動産会社であれば、エリア別の相場や価格変動を詳しく教えてもらえます。
ただし、新築一戸建ての相場はあくまで目安です。
新築一戸建ては土地や建物価格の他に様々な諸費用が発生するため、相場だけで予算を立てることはできません。
特に注文住宅の場合、間取りを複雑にしたり設備をグレードアップするとコストも割り増しになるため、相場より価格が大幅に跳ね上がることもあります。
狛江で新築一戸建てを買いたいと思ったら最初に予算を決めて、予算オーバーしないように細心の注意しながら物件を探しましょう。
予算をオーバーしそうなときは、条件を緩めたり安い建材に変更するなどして、コストを安く抑える努力をしましょう。
仮に予算をオーバーしてしまうと、新築一戸建てを買った後の生活に圧迫がいくため、せっかく家を買っても快適な暮らしができなくなってしまいます。
狛江で理想の新築一戸建てを建てるには、相性の良いハウスメーカーを選びましょう。
なんでも相談しやすいハウスメーカーであれば、予算やコストカットの相談もしやすくなります。
狛江に理想の新築一戸建てを建てるには、自分の理想を叶えてくれるハウスメーカーを選ぶことが大事です。

三つのステップで理解

設計図

小岩に理想の一戸建てを購入するためには、いったいどうすればよいのでしょうか。
そんな疑問をお持ちの方は多いと思いますが、戸建て購入の流れをしっかりと理解しておき、小岩での一戸建て購入手続きをスムーズに進めましょう。
第一ステップは、物件選びです。
小岩にも様々な物件が存在していますが、まずは完成した家を買う「建売住宅」にするのか、それとも土地を買って家を建てるいわゆる「注文住宅」にするのかを決めます。
建売住宅は土地と建物のセットでの価格設定となっているため、資金計画を立てやすいというメリットがあります。
一方、注文住宅であれば、自分の住みたい土地を選んだり、好きな間取りや設備を選択することが可能となります。
大抵の方は迷うと思いますので、小岩の住宅展示場などで実物を確認してみるとよいでしょう。
以下では建売住宅を購入する場合を例に説明を続けます。
買いたい一戸建て物件が決まったら、第二ステップの購入手続きに移ります。
まず「購入申し込み」を行い、その後一週間から10日ほどで「重要事項説明」を受けることになります。
その内容をよく確認し、納得できるものであれば、いよいよ売買契約の締結です。
締結後は手付金を支払う必要がありますので、忘れずに資金を準備しておいてください。
最後のステップは引き渡しです。
完成後の物件についての内覧を行い、契約内容と相違がないかチェックが完了すれば、引き渡しとなります。
初めて一戸建てを購入となると不安なことも多いですが、慎重に進めていけば問題ないでしょう。