新築一戸建てを建てるにあたって|バリアフリー化を実現

体と地球に優しい自然素材

十分な換気と通風

設計図

昔ながらの狛江の家は、自ら呼吸する木や土、紙を多用してつくられていました。近年狛江で再び注目を集めているのは、化学物質とは無縁な自然素材でできた新築一戸建てです。中でも木は香りも良く、調湿性、保温性に優れ、抗菌、防虫に効く成分を含んでいるものもあります。針葉樹のヒノキやヒバは腐りにくく、シロアリ防虫効果も高い素材です。広葉樹のナラやケヤキ、ブナ、栗などは、硬くて傷付きにくい特徴を持っています。また、最近狛江では土の自然素材である、しっくいや珪藻土も注目されています。珪藻土は植物性プランクトンの化石からできた土で、吸放湿効果と消臭効果に優れています。この他、狛江では、植物繊維が原料の紙クロスや布クロス、芯に防虫剤を使わず木炭を挟んだ畳や国産の低農薬イ草を使った畳、亜麻仁油や松ヤニを使った天然リノリウムなど、体と地球に優しい様々な新築一戸建ての自然素材が注目されています。また、そうした自然素材をさらに生かす、植物性の油を使った自然塗料や澱粉粉といった壁紙の接着剤も安全なものとして、新たに見直されています。実際の新築一戸建ての家づくりに当たって、多くの建材の中に化学物質が含まれていることに気づくでしょう。その量の低減化をはかっているものを選ぶのも1つの方法です。また化学物質は、建材だけでなく家具や防燃加工をしたカーテン、カーペット、殺虫剤などからも放出されます。まずは風の通る道を確保し、こまめに換気を行うことが大切です。新築一戸建てなら入居前に室内温度を30〜35度に上げて、ベイクアウトと呼ばれる強制換気を2〜3日続けると、化学物質を発散することが可能です。

人気のいくつかの理由

一軒家

新築一戸建てが狛江で注目されている理由はいくつかありますが、まずはその新しさから得られる満足感が挙げられるでしょう。実際に狛江では、新しくて気分がよい、という理由から新築一戸建てを選ぶ人が多いです。せっかく新居で新生活をスタートさせるのなら、誰にも使用されていない真新しいもののほうがよい、というわけです。また、新しいことは、精神的な充足だけでなく家の品質自体にもプラスです。部材や設備は最新のものが使われるため、耐久性が高く寿命も長いです。機能性も日々進化し続けている技術をとり入れたものが多く、快適、便利で暮らしやすい住環境に資するものとなっています。さらに、維持管理のコストが抑えられることも、狛江で新築一戸建てを建てるメリットと言えるでしょう。中古と比較すると新しさからトラブルが起こる可能性は低く、長持ちしやすいです。必要な修繕や交換などの頻度も少なくなり、結果として余計な費用をかけることがなくなります。住まいを取得するうえで購入費用と同じくらい気になるのが維持管理費用ですから、このことは非常に魅力的なポイントとなっているのです。そして新築の集合住宅との比較においては、部屋の数や収納スペースをより多くとれるという優位性があります。特に家族の人数が多かったり、子供がいる場合などは、できるだけスペースに余裕があったほうがよいですので、こうした点からも新築一戸建て住宅への注目が、狛江で高まっているのです。

窓のデザイン性にこだわる

おもちゃの家

小岩に一戸建てを建てる場合、「窓」は心地良い住まいの重要なアイテムの1つです。小岩に建てたい一戸建てのスタイルや眺望などを加味した上で、最適な窓を選びましょう。窓は本来、採光や通気性、眺望を目的として作られたものです。これらの機能性だけでなく、デザイン性にも気をつけることより、個性的な住まいが生まれます。窓には場所や用途に合わせて様々なタイプがあります。どの窓をどこに取り付けるか、機能やイメージを考えた上で、設計を進めるのが肝心です。サイズや位置、デザイン性で、住まいの表情も変わってくることを考慮し、一戸建て全体とのバランスをはかりましょう。デザインや開閉の方式によって、窓の種類は実に多様です。小岩では一般的に、引き違い戸が多く見られますが、立体感を持たせたい時は、洋風住宅の外観を豪華に演出するボウウィンドーや、台形のフォルムがポイントのベイウィンドーなどの出窓を組み合わせると良いでしょう。自分がどんな雰囲気の一戸建てを小岩に建てたいのか、どんなインテリアにするのかを念頭に置いて種類を選びましょう。そして、窓の種類を決めた上で、サッシの素材や種類を決めていくのが、窓のベストな選び方です。サッシの素材は、アルミ、木、アルミ+木、樹脂性質のものがあり、それぞれ特徴・メリットがあります。窓の取り方は、建物強度の強弱や収納の場所にも関係してくるので、間取りを考える時から窓のことも十分検討した上で、快適な住まいづくりに挑戦してください。